CASE

立体駐車場平面化とは?

立体駐車場の平面化

駐車方式を変更して駐車場稼働率や維持管理費を改善

ピット式機械式駐車場の解体及び平面化工事

あるマンションの階下駐車場の原状

車のサイズも規制され、更に老朽化により、10台の駐車スペースに3台しか契約がない状況でした。
このままピット式駐車場で運営し10台駐車可能にすると維持費が20,000円/月かかり、
更に補修費用に200万円かかることに・・・。

ご検討のポイントイメージ

ご検討のポイント

車のサイズが規制される。
止められる車種も制限される。

利用者が減っている原因になっていませんか?

一般的な機械式立体駐車場の問題点

一般的な機械式立体駐車場の問題点イメージ

  • ワンボックスやSUVなど車両の大型化などで利用者が減少
  • 平面コインパーキングの増加で、利用者は駐車しにくい立体式を敬遠
  • 安全面や保守メンで機械の老朽化が話題
  • 利用者の減少で駐車場運用による計画収益があがらない
  • 未使用であっても設備には保守料や維持感日が発生 …etc

平面化のメリット

平面化のメリット

  • メリット1

    入出庫時の待ち時間が無くなる

  • メリット2

    車高の高い車種あるいは低い車種、重量の重い車種の入庫が可能になる

  • メリット3

    機械部分が無いので清掃、管理も容易となり、維持及び保守費用の削減につながる

  • メリット4

    出っ張りなどがなく入出庫の運転が楽になる

  • メリット5

    乗降時の歩行が楽でかつ安全になる

  • 結論

    結果的に利用者増につながる

平面化工事実例1大阪府箕面市(マンション1階駐車場)

施工前

車のサイズも規制され、老朽化により、10台の駐車スペースに3台しか契約がない状況。
?このままピット式駐車場で運営し10台駐車可能にした場合、維持費が20,000円/月、補修費用に200万円かかることになっていました。

  • 施工前1-1

  • 施工前1-2

施工中

設備解体後、アスファルト舗装にて埋め戻します。

  • 施工中1-1

  • 施工中1-2

  • 施工中1-3

  • 施工中1-4

  • 施工中1-5

  • 施工中1-6

施工後

平面化完了し、駐車台数が逆に増え、経費削減となりました。

  • 施工後1-1

  • 施工後1-2

  • 施工後1-3

  • 施工後1-4

  • 施工後1-5

  • 施工後1-6

平面化工事実例2和歌山県岩出市(マンション隣り駐車場)

施工前

立体駐車場が2つに分かれていました。
1つは7台×3列、もう1つは3台×3列の30台でした。その他に平面の駐車場は満車でした。
老朽化もありましたが、それだけでなく安全上の理由から11台のみ駐車してました。それなのに高額な維持費がかかってました。このままでは高額な維持費だけではなく、メンテナンス費を払い維持するか!?!?もうこれ以上は無理~~

  • 施工前2-1

  • 施工前2-2

  • 施工前2-3

施工中

機械をまずは解体していきます。細かくしていきます。
解体後、鉄骨やパレットを取れば後はほぼ石や砂利を使い、とにかく埋めます。アスファルト舗装にて埋め戻します。

  • 施工中2-1

  • 施工中2-2

  • 施工中2-3

  • 施工中2-4

  • 施工中2-5

  • 施工中2-6

  • 施工中2-7

  • 施工中2-8

  • 施工中2-9

  • 施工中2-10

  • 施工中2-11

  • 施工中2-12

施工後

まずは平面化により有効スペースが広がりました。
何よりも入居者様からの嬉しい言葉が一番の成果でした。

  • 施工後2-1

  • 施工後2-2

  • 施工後2-3

  • 施工後2-4

  • 施工後2-5

  • 施工後2-6

芳光産業株式会社が自信を持ってご提案いたします!

機械式立体駐車場の平面化を検討されるお問い合わせをたくさんいただいております。
誠にありがとうございます。
ホームページだけではお伝えできない内容もございます。
もっと詳しい話を聞きたい、相談に乗ってほしい等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
関西圏以外の方からのお問い合わせも歓迎します!